入国審査での指導

タイ入管

タイの入国審査で、タイへの入国回数が多い方、滞在日数が多い方で、ビザなしでの入国審査の際入国審査官から「今回は入国を認めますが、次回は正規のビザを取得してください」と指導される方が増えています。

日本人はビザなし観光で30日までの滞在が認められているのに何故?と疑問に思う人も多いようです。

この指導は、2014年に法律ができたビザラン規制法によるものです。

ビザラン規制法は、バックパッカーなどでタイに低予算で滞在し、近隣諸国への入出国を繰り返すことでタイに長期滞在し、不法就労をするなどの行為を帰省するための法律です。

そのため、入国審査官は日本人のビザなし入国の場合においても、審査官の判断で「今回は入国を認めますが、次回は正規のビザを取得してください」と指導する場合があります。

この指導を受けるとパスポートに押される入国スタンプには”O-I”または”I-O”と書き込みがされると同時に入管のデータベースにも指導歴が残りますので、次の入国に際しては正規のビザを所得するようにしましょう。

仮にビザ取得の指導があったにも関わらずにビザなしで再度入国しようとすると、入国拒否という処置になる可能性もあります。

 

関連記事

ページ上部へ戻る